ニューヨーク デリは24時間営業(2016年11月)

SHARE

ニューヨーク デリは24時間営業(2016年11月)

2016年11月、シニア夫婦でニューヨークへ1週間の旅に行きました。

主人が還暦になった時のお祝いの旅行です。主人はまだ現役です。70歳までは働くつもりだそうです。でもこれからは、1週間くらいのお休みは取ろうということにしました。

私も今までは自分で商売していたので、長期の休みは取れなかったのです。東京での商売をたたみ、実家の母と暮らすことになり、これくらいの旅行なら行けるようになりました。なので今回、初めての夫婦ふたりでの海外旅行なのです。

ツアーではない完全な個人旅行です。自分たちで全部計画して行きました。というより、何も決めないで行きました。

いたるところに24時間営業のデリが

24時間営業の所が多くて、あちこちにたくさんあります。

売り場のすぐ横に調理場があって、24時間交代でお料理を作り続けているようです。

暖かい食べ物が食べられて嬉しい。

お皿に好きなものを好きなだけとって、重さを計って勘定してもらいます。その場で食べる場所があるデリが多いです。

ここはチャーハンがあったので、久しぶりにお米を食べました。タイ米だと思うけど。
ここで買って、ホテルでお昼というのが一番多いパターンでした。

ストリートベンダー

歩道には、こんな屋台がたくさんありました。

ストリート・ベンダーと言うらしいです

ここでパンや飲み物を買って、朝食や昼食にしている人が多くいました。

コンビニはほとんど見かけません

ニューヨークで初めて見つけたセブンイレブン。

入って見たけどさみしい感じです。

ニューヨークでは、スーパーマーケットもデリもファーマシーも24時営業が多いから、コンビニは必要ないですよね。

セブンイレブンは、もともとアメリカで生まれた商売なのです。でも、ニューヨークではコンビニは厳しいだろうと思いました。

わかりやすい街 ニューヨーク

道を聞くときは、ホテルや建物の名前を言ってもわかりません。

何アベニュー (何番街) の何ストリートと言わないといけません。

ビリージョエルの「ニューヨーク52番街」という歌があるのだけど、これ、正確には「ニューヨーク52アベニュー」だということに気が付きました (笑)

ニューヨークは碁盤の目になっていて、地下鉄の駅名も「○ストリート駅」というのが多かったです。この仕組みがわかると、わかりやすい街です!


ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA